S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の結婚式

去る4月27日に友人の結婚式がありました。
式から披露宴まで出るってここ最近めっきり減ったというか、
歳をとるにつれそんな機会はだんだんと減っていきますねぇ

なんか結婚式とか実はあまり好きでないというかムズかゆいというか、
その決まった進行具合になかなかうんざりで敬遠がちなのですが、
久々に行ってみるとなかなかステキな会なんだなぁと。

L1000230.jpg

L1000245_20130503100233.jpg

新郎は同じ阿波おどり連の大太鼓方ということで、
披露宴の余興で阿波おどりを披露されていました。
新郎の正装のまま大太鼓を担ぎ叩く様はなかなか良い余興となっておりました〜

なんて他人事のように言っておりますが、こちらも衣装や三味線を担いで、
途中で着替えて参加していた事は言うまでもないのですがw

L1000288.jpg
式中、様々な人からスピーチがありましたが、プレッシャーなのかそのたどたどしいさに
緊張感がヒシヒシと伝わってくる中、一番どっしり構え安定感あるスピーチをした
新郎が実は一番落ち着いていたのではないか。いや大物になるよ(笑)

新郎のなかなか良いスピーチに少し感動をした式なのでした。

おしあわせに〜
スポンサーサイト

香港~中国~香港:香港夜(2)2011.11.13-15

中国へは過去何回か足を踏み入れていますが、意外と嫌いな国ではありません。
場所によっては少林寺な感じだったり(笑)

で、香港へ戻って来ました。
香港といえば、ジャッキーチェーンです。ユンピョウにサモハンキンポー。
飲茶、麻雀、看板。かなり偏ったイメージですがそんなでしたが。。

夜なので街のディティールが上手く掴めません。
何処に行ってもあることなのですが初めての土地では少しウロウロして
その土地の風が肌に馴染むのを待ちます。

L1002564.jpg

L1002568.jpg
一番の繁華街はヨーロッパな感じです。

L1002583.jpg

しかしながら少し下町の感じへ案内してもらうと。。。
L1002572.jpg

L1002576.jpg

L1002578.jpg
きたきたーっ なんかジャッキー臭が漂って来たー(笑)

L1002590.jpg

L1002593.jpg

L1002594.jpg
もう時間が遅かったためせっかくのマーケットは店じまいです。

L1002597.jpg

L1002600.jpg

香港での食事は文句無しに美味しいです。
晩ご飯を食べたお店の店主が流暢な日本語で話しかけて来ます。
少しお酒が入って上機嫌な店主です。その昔、仕事で中国へ行っていた様です。

自分も仕事上たまにそのチャイナクオリティーに驚かされていますが、
その店主を持ってしても、その仕事ぶりは「ムチャクチャ」と言って退けます(笑)

L1002602.jpg

香港と中国は「多少」人も文化も習慣も違う。っぽいんだろうなぁと思ってはいましたが、
さほど変わらないんじゃないの?などと思っていましたが、香港の人にとっても、
中国人感はそんな感じなんだぁ~と(笑)電車で一時間もしないすぐそこなのに。

とはいえ世界中の工場が集まる中国。
あのキレイなアップル製品も中国で作られている事実はあります。

重たいNokton50mmF1.1持って、高尾山へ登って来ました~(2)

あとはNokton50mmF1.1で最後までいきます=3

L1002492.jpg

L1002493.jpg

L1002494.jpg
やっぱり天狗なんですね。

L1002495.jpg

L1002496.jpg
頂上で売っていた野菜類。この辺りで穫れたのでしょうか。
この山芋は欲しかったんだけど、頂上からぶら下げて下山するというのも。。

L1002503.jpg
葉っぱが木にクッキリ写ってる。笑ってる葉っぱ。

L1002505.jpg

L1002506.jpg

L1002507.jpg

L1002510.jpg

L1002515.jpg

L1002521.jpg
帰りは途中からリフトで。結構スリル合って手にあせ握りそうだった(笑)

重たいNokton50mmF1.1持って、高尾山へ登って来ました~(1)

10月30日東京に住んで10年くらいになりますが、
実は高尾山に登った事がなく、ようやく初めて運動がてら登って来ました。

レンズはElmarit28mmF2.8とNokton50mmF1.1の二本を持って行きました。
前半はElmarit28mmF2.8。

L1002456.jpg

L1002459.jpg

L1002463.jpg
。。。ここまで人が多いとは知りませんでした。。
登山というより遠足な感じです。

L1002476.jpg

L1002478.jpg

L1002479.jpg

中腹でまずはビールと蕎麦をいただきつつ、Noktonへ切り替えました。

L1002486.jpg

L1002487.jpg

次回はノクトン編です。

Voigtlaender NOKTON 50mm F1.1 !!!!

過去のエントリーを見直すと2009年5月23日頃に発表されたという記事がありました。
過去のエントリー

ついに去る10月10日にどうしても明るい50mmが、
かのノクチルックスは到底手が届きませんので(汗)プアマンズ・ノクチと名高い、
Nokton50mm F1.1というハイスピードレンズを購入~
最近何でもほしいなぁ~と思ってからだいたい2年後にようやく買っているという事象が
続いてます。。。(笑)
21,28,35,50,90mmで、ダブりは35mm。
そのレンズもSummicron35mmF2.0とNokton35mmのF1.2なのでスペックは被らずに済んでいます。
で、今回の50mmもSummicron50mmF2.0とNokton50mmF1.1なので。。。
特に35mmのF1.2は天下無双なので。。などと、自分に言い訳をしております。。

でも、75mmはいつか欲しいんだよなぁ~~ というのは置いておいて。

DSC00988.jpg

DSC00986.jpg

DSC00987.jpg
オリジナルのフード。

同じ焦点距離のレンズは持たないというポリシーはほどなく2巡目に入り、いや2本目に
入って来た感があります。。。
とても気になるコシナカールツアイスには目もくれず。。
ライカレンズに拘り、かつてはNokton50mmF1.5、Biogon28mmF2.8、
Color Skopar21mmF4.0を持っていましたが、
それぞれSummicron50mmF2.0、Elmarit28mmF2.8、Elmarit21mmF2.8に無事リプレイス。

とはいえ、エッジーなスペックのフォクトレンダーレンズはやはり気になってしまいます。
やはりどう天地がひっくり返ってもノクチルックスには手が届きませんので、
これならかなりスッキリした気持ちでこのNokton50mmF1.1に向き合えると言うもんです(笑)

で、別売フードLH-3が届きました。
DSC01019.jpg

DSC01018.jpg
前はよくあったのに、なぜか別売フードLH-3はどこも品切れ。。なんだろ?
2週間待ちでようやく届いて、ようやくこのエントリーにたどり着きました~

M3/4の影響?マウントアダプターブームの影響?いやGXRのMマウントモジュール??
理由ははっきりしませんが、昨今Mレンズがかなり食い荒らされている店舗を
ちょくちょく拝見しますね。

やはりこのスリットフードが一番カッコ良いですね~
しかもちゃんとフィルターがシリーズフィルターの様に埋没した感じでいい感じ収まります。

DSC01020.jpg
おまけについでに買ったエアブロアー。
かわいいっ! このプロポーション最高ですね~ 美しい。
普通のブロア2~3個分の値段しましたけど。。。

L1002416.jpg

L1002417.jpg
購入してすぐに試した駄写真。。。期待大です。

で、この前の高尾山にこのレンズ連れて行きました。それはまた次回!
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。