FC2ブログ
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
03« 2008/04 »05

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

MILAN

バタバタと普通に過ぎていく毎日です。
朝起きてシャワー浴びて髪を乾かし、服を選んで、ドタバタと出ていき、
会社に着いてメールをチェックしたり今日のスケジュールと直近の締め切りのチェック。
ミーティング、ミーティング、作業、ミーティングな毎日で、
ミーティングすることを仕事にしている人は良いのですが、こちらと作業をやんなきゃ行けない。
ああしてこうしてこうすればいいんじゃない?って言って、
自分でやるんですけどね。ああしてこうして。。

今年に入ってそんな日々が続いていましたが、木曜日から一週間弱ほど、
イタリアはミラノへ出張が入り、そんな日常にちょっとだけ変化が与えられます。
目的はこの期間ミラノで開催される『ミラノサローネ』というインテリア・家具・(デザイン?)の
世界的見本市(?)の視察と言うか、なんかそんな感じでミラノは初めてで楽しみにしています。

もちろん、サツエイサンポの方ですが(笑) 中世の雰囲気が残る下町があるそうで、
下町好きには日本も海外も無い! とばかりに、ここんところずっと、そう、
カメラ、レンズをどうするかばかり頭から離れません。 身軽がいいけど、
もし35mmに収まらないシチュエーションが! とか もう少し手前に持ってきたい90mmが!!
とか、結構荷物になるかもしれないけど、やっぱ持って歩いたほうがいいかなとか。。。
レンズ交換は面倒だし、レンズ一本で通そうぜ! とか、とか、とか。。
こういう悩みはまぁ嫌いではないわけで結局全部持っていったりするんでしょうねぇ。
その日その日で気分も変わるかもしれないし、まず町との間合いが分からない。。
持っていって、ホテルにおいとけばいいかとか、R-D1sはあったほうがええかなぁとか。
デジカメはレポート用もかねてGR-Dにしようと思ってはいるのですが、
ISO感度自由自在でライカレンズ扱えるR-D1sはどこでも何でも撮れるとか、
でも、いい写真はM6にモノクロームがいいし。。。

どうしたらよいでしょうかねぇ??

といっても持っていけそうな機材は、これだけしか無いのですがね。。
バタバタと普通に過ぎていく毎日です。
朝起きてシャワー浴びて髪を乾かし、服を選んで、ドタバタと出ていき、
会社に着いてメールをチェックしたり今日のスケジュールと直近の締め切りのチェック。
ミーティング、ミーティング、作業、ミーティングな毎日で、
ミーティングすることを仕事にしている人は良いのですが、こちらと作業をやんなきゃ行けない。
ああしてこうしてこうすればいいんじゃない?って言って、
自分でやるんですけどね。ああしてこうして。。

今年に入ってそんな日々が続いていましたが、木曜日から一週間弱ほど、
イタリアはミラノへ出張が入り、そんな日常にちょっとだけ変化が与えられます。
目的はこの期間ミラノで開催される『ミラノサローネ』というインテリア・家具・(デザイン?)の
世界的見本市(?)の視察と言うか、なんかそんな感じでミラノは初めてで楽しみにしています。

もちろん、サツエイサンポの方ですが(笑) 中世の雰囲気が残る下町があるそうで、
下町好きには日本も海外も無い! とばかりに、ここんところずっと、そう、
カメラ、レンズをどうするかばかり頭から離れません。 身軽がいいけど、
もし35mmに収まらないシチュエーションが! とか もう少し手前に持ってきたい90mmが!!
とか、結構荷物になるかもしれないけど、やっぱ持って歩いたほうがいいかなとか。。。
レンズ交換は面倒だし、レンズ一本で通そうぜ! とか、とか、とか。。
こういう悩みはまぁ嫌いではないわけで結局全部持っていったりするんでしょうねぇ。
その日その日で気分も変わるかもしれないし、まず町との間合いが分からない。。
持っていって、ホテルにおいとけばいいかとか、R-D1sはあったほうがええかなぁとか。
デジカメはレポート用もかねてGR-Dにしようと思ってはいるのですが、
ISO感度自由自在でライカレンズ扱えるR-D1sはどこでも何でも撮れるとか、
でも、いい写真はM6にモノクロームがいいし。。。

どうしたらよいでしょうかねぇ??

といっても持っていけそうな機材は、これだけしか無いのですがね。。
R0010872.jpg
スポンサーサイト



| HOME |