S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
05« 2008/06 »07

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

αマウント:検討中レンズ備忘帳

ズーム幅があり、かつ明るいレンズが欲しい。。
TAMRONSIGMAってどっちが良いのでしょうかねぇ?
値段もスペックも結構、似ていて良くわかりません。
今までライカレンズとコシナレンズ(フォクトレンダー&カールツァイス)を
比べるだけで良かったので(笑)価格の差とスペックの棲み分けがわかりやすかった。

ちょっと欲しそうなレンズを列挙してみました。これで行くと、
SIGMAの18-50が全域F2.8が出せるので良さそうだけど、
α350のキットレンズが、DT18-70のF3.5-5.6。
これを軸に考えるにはちょっとつらいのかなぁ。。
マジでとりあえず的な値段だったので、間に合わせにはいいんですが。
まずは一本って言う基準で行くと、SIGMAの17-70 F2.8-4.5。
すべてにてソニーレンズを凌駕している感じかなぁ。。。
こんな本買ったりして、デジ一の勉強を始めています。
妄想レンズスペックでいくと、17-90mm F2.8とかあれば最高にいいのですが。。

1860511300.jpg


SIGMA:18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM
フィルター径:Ø72mm/最短撮影距離:20cm/¥42,798(価格コム)
photo_18_50_28.jpg


SIGMA:17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/HSM
フィルター径:Ø72mm/最短撮影距離:20cm/¥34,800(価格コム)
photo_17_70_28_45.jpg


TAMRON:17-50mm F2.8 XR Di II Model A16
フィルター径:Ø67mm/最短撮影距離:27cm/¥35,074(価格コム)
photo_02.jpg


TAMRON:28-75mm F2.8 XR Di LD Model A09
フィルター径:Ø67mm/最短撮影距離:33cm/¥32,399(価格コム)
a09_lens02.gif


TAMRON:11-18mm F4.5-5.6 Di II LD Model A13
フィルター径:Ø77mm/最短撮影距離:25cm/¥45,750(価格コム)
10505511353.jpg


ズームレンズっていろんな要素があって単焦点のレンズのように
単純に決められないのですね。。。しばらく考えよう。。
しかも縦グリップ! かこいいですねぇ
acc_VG-B30AM_thum01.jpg

VG-B30AM.jpg

お~¥20,000円くらいで売ってるんですね。
あ、バッテリ追加で買わなきゃなんですね。ソニーのバッテリ、高いよ。
スポンサーサイト

加速する物欲。。。α350到着。

とあるルートから、格安でα350のズームレンズ付きキットを買うことができた!
一眼レフは元々父親から譲ってもらった「minolta SR-7」を小学生から
ほんの6年前くらいまで使っていた。もちろんMF。
その後PEN-Fをちょろっと使ってみたけど、長く続かず売却。
「minolta SR-7」は形見になりそうだから大事に取ってある。
そのかわり先日ちゃちーなコンデジしか持っていなかった父親の
還暦祝いにカメラ返しではないが、弟と相談して、
α700のレンズ付きキットをプレゼントした。すごく喜んでた。
α350にくらべて本物感があった。年齢的にもα350はキツいかな(笑)
ft01_mainv.jpg

で、年齢的にはα350な自分用にα350をと(笑) ほんとはα700が欲しかったけど
父親にプレゼントしたもんと同等はどうか? 価値が下がらないか?
と、言われα350に決定。
もちろん質感は劣るがαシリーズの中でもライブビュー搭載はこの機種だけ。
普通の一眼だとまぁ、できることは想像内の話であって、それは
α100でも200でも700でも同じこと。
唯一のしかも業界的には新しい機能であるライブビュー機能を搭載が決めて。
デジ一買うならαシリーズと決めていたので迷いはなかった。
本当の決めては価格なのですが。。(笑)
R0011792.jpg

まだ家の中でうちのちちを撮ったりとか、外に持ち出せていない(まぁ梅雨で、
雨なので。。)ので、よくわかりませんが、
なんかこう、いっぱしのカメラぽいのを持った感じがします。
ライカとかR-D1sとかと全然違う感じですね。便利そうといえば便利。
本気モード時のお散歩武装としてはLeica M6+α350とか
R-D1s+α350とかになるんでしょうかネ? Leica M6+R-D1はあまり意味がないことに
先日のミラノ出張で発覚。R-D1s+GR-Dはいい感じだったがどちらもズーム機能がない。

そうそう、ズームレンズも安いですね(笑)ヤバいですね。
金銭感覚完全に狂わされています、LEICA病で。
明るめのズームレンズ、3万~5万?いいねぇ~ 安く感じた自分が怖いです。。

New imac!!!

6年ぶりに新しいパソコンを買った!
今まで使っていたのはこのお椀型imac。MacOSは10.2いくつって感じだった。
写真を入れたりかなりハードディスクも圧迫されており、
GR-Dの800万画素のデータは重たすぎて、2~3枚しかいっぺんに開くことが
できませんでした(涙)画面も15インチ。。:-(
そこで昨日買っちゃいました!!


新型imac。しかも24インチ!!! インテルマックの2.8GHz。
画面でかい(涙)しかもむちゃくちゃ早い(涙)
imac07.jpg

このようにiPod touchと比べてみましたが、恐ろしく画面がでかいのが
感動的(涙)サクサク動く・いっぱい写真開ける・何でも出来そう!
と、ノートと迷ったのですがノートはなんか遅いイメージというか、
やっぱり遅いし、高い。最後の最後まで悩んで、17インチのノートは
アホみたいに高いし、それでもたかが17インチ。
外に持ち出さへんし、どうせやったら24インチやでっ!!
と、かの事件後1週間もたたない秋葉原へ繰り出し、ソフマップにて
タイムサービス10%ポイント還元+どうせやったらハードディスクも500GBやで!
とポイント使って2,600円でfirewire800対応の500GBも手に入れたのでした。
かっこのいいキーボード。打ちにくい。。。ストロークが短いというか、
ノートパソコンみたいなタッチ。柔らかく打ちにくいです、とても。。

↓とにかく画面は馬鹿デカ。テレビの前に座っているみたいです。
 これにして良かった(涙)と思える買い物でした。
R0011790.jpg

お椀型imac6年間おつかれさまでした。まだ動くのですが、
押し入れにて暫しおやすみなさい。

Charles Eames 100 Quotes @AXIS

続いて、6月7日に六本木AXISでやっていた「Charles Eames 100 Quotes」というのに
行ってきました。イームズの100枚の写真と100つの言葉。という展覧会。

なんというか、被写体に実直な写真というか、プロダクトデザイナー的な
とても整理されたストイックな写真が多かったです。
時代もあってカラー写真もいい感じにレイドバックした色合いでした。

中ではビデオも流れていました。聞いたことがあったイームズが監督した
ポラロイドSX-70のインストラクションムービー!
本では見たことありましたが、昔すごく見てみたかったやつです。
今ならカメラの機構を説明するシーンに3Dソフトとかでカメラの機構とか
簡単に説明ムービーを作ることができますが、
あの時代にフィルムワークを駆使してカメラをトランスレートさせ
その機構を説明する様は今でも十分に通用するというか。。感動しました(涙)
楽しそうに作ってるなーってすごく感じることができました。
もう一つ、ポラロイドの使い様を説明するムービーもあり、雑誌をクリッピングして
マッピングしていくような作業に向いてますよ~っていうイメージビデオでした。
今なら、雑誌とかスキャンしてイラストレータとかで並べてプレゼンのムードボードを
作る感じなのでしょうか。

あと小さな冊子をもらいました。
確かなんかに先着2500冊ってどっかで見た気がするのですが、
最終日の夕方にも関わらずもらうことができました。。がこれじゃないのかな?
ともあれ、おしゃれなかわいい本でした。
中にはイームズの100の説教が7言語にて書かれております。

写真 1

森山大道展 レトロスペクティブ1965-2005@東京写真美術館

ちょっと前になるけど5月31日に東京写真美術館で森山大道展に行った。
東京写真美術館コレクション、東京工芸大学、タカ・イシイギャラリーや
個人コレクター所蔵の展覧会をやっていた。
一度、オリジナルプリントというのをみてみたかったのでいい機会でした。
「ハワイ」ってのも同時にやっていたけど、やっぱり「レトロスペクティブ1965-2005」
の方が圧倒的に良かったです。
森山大道は若い人に人気があるようで、見に来ている人は若い人が多く、
あんまりこういう展覧会にカメラをぶら下げていくのはどうも気恥ずかしいのですが、
若い女の子がバルナックライカをぶら下げていたり、スカートはいた女の子が
Exctaらしきブローニのカメラを襷がけにしていたり、それにも圧倒されました(笑)
なんか、いいですね、そういうの。ちょっとうれしくなりました。

肝心の展覧会は、荒々しいプリントの数々に圧倒されました。
自分が焼いているプリントとどう違うか?とか、いろいろ勉強になりました。
写真 2

DICE Skull G Ring (Keith Skull Ring)

dice_skull-g.jpg

素晴らしい! DICEさんのキースリング。

高校のときからキースファンで、その時初めてキースリング(いわゆるドクロリング)を買ったのが、
15年くらい前。 まだその頃はキースリング等と言う物はなく、単なるスカルリングで、
鉄製(笑)を「333」とか「DARTS」とかいうロックショップで見つけ、喜んで付けていたのですが、
なんせ鉄製なので付けてる尻から指が真っ黒になっていきました。
さらにキースの写真とか「talk is cheap」のアルバムジャケットに写っている物とは何か違う。。。
と、当時高校生ながらモンモンとしていました。
そして、かつてはこれまた鉄製(涙)のブレスレットまで持っていました。

で、なぜ今さら、いい年になってドクロリング????
。。。そうです。先日キースがジャックスパロゥのおやじ役で出演していた、
パイレーツオブカリビアン3を見た時、劇中でもそのまんま着けてるじゃないですか>ドクロリングを
感動しました、とても。。なんでも地で行くキース様のあまりにもはまっりぷりの役と演技。
。。。感動しました。。。しかもルイヴィトンの広告にも出ているではありませんか。

注文して10日弱。待ちに待ったDICEさんから届いたこのリングはとても素晴らしく、
当時思っていたあのキースリングのイメージにとても近く、憧れの(涙)シルバー製で、
値段もさることながら、その出来具合にとてもとてもとても感動・満足しております。
そのDICEさんの所には、いろいろあるキースリングがあるようで、「KR79」と言われる、
キースがこのリングを着けはじめた(?)状態の物、「KR88」というかなり年季が入ってきた、
ちょうど「talk is cheap」のアルバムの頃でしょうか、それの完全レプリカもの。
その中でも、このリング「Skull G Ring」という物に決めたのは、
単なるレプリカでないシルバーアクセサリの彫金師として独自の解釈で作られている。
と言うところでした。そして、決め手は裏に掘られたちっちゃいドクロですネ!

ボリューム感とサイドの背の高さ、目の形、おでこの張り具合、、、ハァ完璧です。

ブレスレットまでいってしまうのでしょうか。。
dice_caffs-bl-n_1.jpg


気になる方はこちらで購入してくださいね。いい仕事されています。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dice/skull-g.html
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。