FC2ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
05« 2008/06 »07

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

Charles Eames 100 Quotes @AXIS

続いて、6月7日に六本木AXISでやっていた「Charles Eames 100 Quotes」というのに
行ってきました。イームズの100枚の写真と100つの言葉。という展覧会。

なんというか、被写体に実直な写真というか、プロダクトデザイナー的な
とても整理されたストイックな写真が多かったです。
時代もあってカラー写真もいい感じにレイドバックした色合いでした。

中ではビデオも流れていました。聞いたことがあったイームズが監督した
ポラロイドSX-70のインストラクションムービー!
本では見たことありましたが、昔すごく見てみたかったやつです。
今ならカメラの機構を説明するシーンに3Dソフトとかでカメラの機構とか
簡単に説明ムービーを作ることができますが、
あの時代にフィルムワークを駆使してカメラをトランスレートさせ
その機構を説明する様は今でも十分に通用するというか。。感動しました(涙)
楽しそうに作ってるなーってすごく感じることができました。
もう一つ、ポラロイドの使い様を説明するムービーもあり、雑誌をクリッピングして
マッピングしていくような作業に向いてますよ~っていうイメージビデオでした。
今なら、雑誌とかスキャンしてイラストレータとかで並べてプレゼンのムードボードを
作る感じなのでしょうか。

あと小さな冊子をもらいました。
確かなんかに先着2500冊ってどっかで見た気がするのですが、
最終日の夕方にも関わらずもらうことができました。。がこれじゃないのかな?
ともあれ、おしゃれなかわいい本でした。
中にはイームズの100の説教が7言語にて書かれております。

写真 1
スポンサーサイト



森山大道展 レトロスペクティブ1965-2005@東京写真美術館

ちょっと前になるけど5月31日に東京写真美術館で森山大道展に行った。
東京写真美術館コレクション、東京工芸大学、タカ・イシイギャラリーや
個人コレクター所蔵の展覧会をやっていた。
一度、オリジナルプリントというのをみてみたかったのでいい機会でした。
「ハワイ」ってのも同時にやっていたけど、やっぱり「レトロスペクティブ1965-2005」
の方が圧倒的に良かったです。
森山大道は若い人に人気があるようで、見に来ている人は若い人が多く、
あんまりこういう展覧会にカメラをぶら下げていくのはどうも気恥ずかしいのですが、
若い女の子がバルナックライカをぶら下げていたり、スカートはいた女の子が
Exctaらしきブローニのカメラを襷がけにしていたり、それにも圧倒されました(笑)
なんか、いいですね、そういうの。ちょっとうれしくなりました。

肝心の展覧会は、荒々しいプリントの数々に圧倒されました。
自分が焼いているプリントとどう違うか?とか、いろいろ勉強になりました。
写真 2
| HOME |