FC2ブログ
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12« 2009/01 »02

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

Lindy Fralin "Blues Special" Stratocaster Replacement Pickups(3)

installing Lindy Fralin "Blues Special" pickups.
R0011968.jpg

R0011967.jpg

小さな少しズシリとしたホワイトライナーのパッケージの中には、
代理店ヒューマンギアの保証書とヒューマンギアがこのピックアップに合うと選んだ、
コンデンサーが同梱されています。今回はそのままそれを使うことにします。
R0011970.jpg

折角なんでワイヤもちょっとこだわってみました。
R0011971.jpg
R0011972.jpg
なんでも70年代デッドストックらしいです。
W.E.製 単線 というのがクリアーで良いとの記述を発見。早速W.E.製にしてみました。
アースなどその他の線はベルデンにしました。また半田は有名なケスター44です。
ポット、スイッチ類もそれぞれCTS、CRLですべての部材はmade in USAで統一。

今回、Jeff Beck model に元に付いていたアッセンブリーはピックガードごと
交換することにしました。というのも、簡単作業で Hot noiseless 仕様に戻したり、
とかしたいですので。ですのでピックガードも新調し、これがまたどの色、
風合いにするかかなり悩みまして、ここもまたもやパソコンの力を
借り画像処理にてシミュレーションして、そのイメージを決めようと(笑)
strato_mintgreen.jpg
微差なのですが(笑) ミントグリーンに決定!
ちなみに使用前(左)と使用後(右)です。一応こだわってNoiselessのロゴを消してみたり。。
合わせてノブやアームのさきっちょの色とかも見てみたり。
基本62年製くらいのストラトをイメージしつつ、ブルージーなルックスがいいな。。と。

いざ配線。
その昔中3くらいの時にセイモアダンカンに入れ替えたとき自分でやったのですが、
同梱されている10cm角くらいの小さな紙に配線図がまた小さく書いてあり
それと睨めっこして配線作業した物です。しかも小さな文字でhotだのsleeveだのって。。

今はいいですね! ここもまたインターネットの力(もういいって? しつこい?)を借りて、
「ストラト 配線図」でググる山ほど配線図が出てくるじゃないですか! 良い時代ですね(笑)
大きく見やすいものを探しつつ。。。。といろいろありすぎて迷います。
基本シンプル配線を基調に、
1) neck
2) neck + center
3) center
4) center+bridge
5) bridge

vol は master volume
tone 1 は neck
tone 2 は center+bridge

という、いたってシンプル配線。違いと言えば tone 2 でセンターと同時にブリッジ側を
トーンコントロールが効くって仕様です。Jeff Beck model と同じかな?
という配線を、一から始めます。

しかし最初に見つけた物はガセをつかまされ(ではないのでしょうが:笑)、
それを参考にした為に2日も悩まされるハメに(涙) なんでだ? なんでだ? と。。
tone 2 を 10にすると tone 1 が ネック側のボリュームになってしまう。。だったかな?
tone 1 を絞っていくと音が無くなっていく、という状況でした。
また、ネットで確かな物を探しつつ配線と睨めっこしつつ、
結局セイモアダンカンのサイトにて、きれいな配線図がアップされていたのでそれを参考に。。
って、当時もこれくらいの同梱しといてくれたらなぁ~ と思いました。
3s_1v_2t_5w.jpg
結局、2日間もこういうことしていたので
すっかりストラトの配線図は頭に入ってしまいました(笑)
原因はtone 2 側のポットから出ている端子の3本中1本をポット裏へ曲げて、
グラウンド(?)を取っていたのが原因で、
このダンカンの配線図はそのようになっていません!
3WAY と 5WAYで違うのかな? うーん、その最初の配線図の意図はわからないまま、
おいおいなんだよぉ~と思いながら、入念に配線の仕上げをし
念のために日時ピックガード裏へ小さく記しておきました。

R0011973.jpg
アルミが貼っていなかったので、見よう見まねでトライしました。

R0011974.jpg
ワイアリング途中経過。こんな感じです。

いやはや、疲れました(汗)
R0011983.jpg
スポンサーサイト



| HOME |