FC2ブログ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
01« 2010/02 »03

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

まるごと三味線の本 という本。

まるごと三味線の本なる物が出ています。昨年の暮れに発刊された書物です。
41gC7SRTzzL_20100216204727.jpg

前書きにはこれまで三味線の音楽についてまとめた書物は無く画期的な物であると。
確かに、三味線について調べてみるも、邦楽関係を豊富に取り扱ってそうな山野楽器や
その他大きな本屋さんへ足を運ぶもそういえばそういう物って見当たらなかったなぁと。
ホームページなど見ても、種目別に特化されており、広く三味線とその音楽を
じっくりまとめた物も見かけない。
誤解を恐れず要約するならば、この筆者はどうやら三味線文化がその種目別に
特化されすぎたがため、分散してしまったその文化を取りまとめて一冊の本にしたという。

三線までも含む、三味線にまつわるすべてのジャンルをまとめたこの一冊は
とても小さい文字で約330ページの厚めの本で大変読み応えがあり、
読みふけって、すっかりブログの更新をおろそかにしていますが(笑)。。
まだ、読み途中ですが、とても面白くどんどん進んでいっています。

「三味線寺」なる大信寺(だいしんじ:東京都港区三田四丁目7-20)がある。
Daishinji_0027_Minato_Tokyo.jpg
ウィキペディアより

寛永13年(1636年)江戸における三味線製作の始祖とされる石村源左衛門が当寺に葬られ、
以後、当寺は三味線製作者石村近江累代の墓所となった。

ぜひ参ってみたいものですね。
スポンサーサイト



| HOME |