S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08« 2010/09 »10

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけだ阿波おどり 阿波池田の阿波おどり 8月14日(3)

お盆の阿波おどりもようやく最後のレポートです。ハァハァハァ

ほぼ毎年、池田へは来ます。阿波おどりを初めて見たのもこの池田。
よく数えればもう9年くらい前になるのかぁ。自分にとっては阿波おどりのルーツ的場所に。

L9998663.jpg
おぅっ ちょこざいなぁーーっ

L9998667.jpg

L9998670.jpg

L9998672.jpg

L9998673.jpg

L9998676.jpg

L9998680.jpg

L9998682.jpg

L9998684.jpg
どんだけ高円寺が集客しようがやっぱり徳島には端の端まで阿波が息づいています。
この地方パワーは羨ましいなぁ。大阪は離れて10年くらいだけど、
地方、故郷って羨ましい。帰りたいよ~~(笑)

L9998700.jpg

L9998722.jpg
後ろ髪を引かれつつ池田を後にします。
この日は着いたその日にさらに岡山へ移動という強行スケジュール。
でも、おばあちゃんに挨拶できたから良しとする。
来年はゆっくり寄るからね~ 元気にしとってや~~


駅前の小さな円形の演舞場。鄙びた商店街。小さな桟敷。
それでも何か風情あるその雰囲気はまた来年も来たくなる場所。

来年も来れる様に仕事も頑張んないとねぇ~
スポンサーサイト

いけだ阿波おどり 阿波池田の阿波おどり 8月14日 とうりゃんせ・さつき連(2)

駅前の演舞場へやって来ました。
とうりゃんせさん、さつき連さんは地元の連の様です。
L9998555.jpg

L9998561.jpg

L9998575.jpg

L9998580.jpg

L9998581.jpg
阿波おどりでバラ柄はちょっと珍しいですね。


次はさつき連さん。
L9998595.jpg
実はこのさつき連さん、前からひいきの連です。

L9998607.jpg
なんてったって、、、

L9998616.jpg
衣装がかわいいし、、、

L9998617.jpg
女踊りが初々しくもとてもかわいいんですよ(でれぇ~~)

L9998622.jpg

L9998625.jpg
舞台踊りももちろん良いのですが、、、

L9998636.jpg
いつも流し踊りに遭遇しないんですよね。

L9998640.jpg

L9998652.jpg
来年こそは流しも拝見したいですね。

L9998654.jpg
でも、、今年も見れてよかった。。

いけだ阿波おどり 阿波池田の阿波おどり 8月14日(1)

14日。お盆の徳島阿波おどりもようやく8月14日(笑)長いっっ!

3日間過ごした徳島市を離れる日。祭りの余韻を感じながら親戚の住む阿波池田へ。
L9998536.jpg
徳島県西部の祖谷地方で大歩危小歩危、かずら橋など、
阿波おどりにゆかりの深い唄「祖谷のかずら橋」のところ。
徳島駅から特急でおよそ一時間ちょい。あんぱんマン号で一路阿波池田

スーパー山奥なその家はあのへん。
L9998537.jpg
去年紹介しました通りです。

ここに戻って来れると、あぁ今年もがんばったなぁと。
8月15日が大晦日な気分になります。

ぐたぐたおビールでも頂きながら夜を待ちます。
山を降りると。。。やってますやってます。
L9998540.jpg

L9998542.jpg
小さいながらも有料桟敷席ありマス。

L9998544.jpg

L9998545.jpg

L9998547.jpg
ここの阿波おどりは風流なんですよね、とても。

L9998550.jpg
小さな街の小さな阿波おどり。それでもお盆が終わると藍吹雪とかやって来る街なんです。
V字に分かれた商店街の先端部分に阿波池田駅。
そこには小さな円形の演舞場があるのです。次は演舞場へ行ってみマス!

徳島阿波おどり 8月13日(3)総おどりのウラ

渦の会もほどなく終わり22時。

東京の知り合いが徳島へ来て駅前で飲んでいるということで、そろそろそちらへ移動。
L9998500.jpg
の、途中、時間的に総踊りの時間。南内町演舞場をかすめて駅前方向へ移動。

L9998505.jpg
地響きのような音が聞こえ始め演舞場入口まで来るともう踊り手が今桟敷へ入らんばかりと言う状況。

L9998507.jpg

L9998511.jpg
先に侵入した女踊りがゴールしてもまだ桟敷内では男踊りが踊っているという長さ。
その先を行く女踊りは桟敷の脇の道へUターンしまた入口の方へ向かってくるというおまけ。

L9998513.jpg
今日はちょうど桟敷内の大太鼓陣のあたりの脇道で女踊りが戻ってくる様が見れた。

L9998516.jpg

L9998525.jpg
桟敷よりも幅の狭い道に大量の踊り子が踊り込んでくる。これはこれですごい。

L9998534.jpg
総踊りがチョ~間近で、とても良いもんを見せてもらいました。

そして知り合いが飲んでいる駅前の飲み屋さんへ。。
どうやら大名連さんの事務所になっているらしく2階からは笛の音が聞こえていました。
で、この日も2時半か3時か。。もう忘れました。。。。

徳島阿波おどり 8月13日(2)渦の會ストリートライブ

21:00頃、冨田町で見たかった渦の會ストリートライブが今から始まりそう~~と連絡が入る。
全く逆の藍場浜演舞場近くにいたけどそそくさと冨田町検番ビルの方へ。

L9998478.jpg
行くと、おぉっ!いつも東京の阿波シーンで見かける三味線の方が、
渦の会代表の隣で三味線を弾いてらっしゃる。うーむ、さすがですねぇ

L9998480.jpg

L9998475.jpg
三味線だけでぞめくぞめきはとても風流。踊り手もたった一人。

L9998481.jpg
渦の會には有名連の三味線の方もお弟子さんにいるという。
写真の新のんき連さんの人や他にも娯茶平さん、蜂須賀連さんの三味線の人が移動中だろうか、
足を止めて、渦の會の演奏に聞き入る様子は何故か嬉しく思えました。なんででしょうか。。

L9998479.jpg
いよいよノリも最高潮に達し、皆様ご一緒に状態へ。

L9998494.jpg
人形さん、浄瑠璃?な人形も乱入とても盛り上げていました!

渦の會。派手な部分は全く無いが、道路に座り込んで聞き入ってしまいました。

徳島阿波おどり 8月13日(1)

13日。
ようやく13日になりました、8月の(笑)

この日は少し遅めにスタート。
11時よりアスティ徳島にて「アスティおどりひろば」という模様し物へ。
阿呆連さんと水玉連さんによる演舞と阿波おどり教室。
ここでも東京でおなじみの人々に出会いました。
前夜祭の会場と同じところなのですがそのステージはすっかり取り払われ、
どこにそんなステージがあったのかもわからない様な状態。
とても広くて左右から出てくる踊り手さんが中心まで間に合わない!くらいに広い会場でした。

お昼になるとさすがに連日阿呆の疲れが出てきたようで相方も連れも、くたくた気味。。
踊ってもないのに暑さで汗だく。ちょっとお風呂へ連れてってもらいしばし休息。
次の予定は4:00からあわぎんホールでの選抜阿波おどり大会1つ。
クラクラしつつもしっかりその踊りを脳裏、デジカメに焼き付ける。

すばらしい演舞の後はもう夜のスタートまで30分。
この日は桟敷へは入らず前日から気になっていた街中の渦。前日はほぼ終始桟敷で過ごしたため、
より騒がしい街中は未知の世界。

L9998431 1
ぶらぶら歩き始めると、やってるやってるあっちこっちでジャンジャンドカドカ。
昼間、散歩していて意外と人少ないなぁ?とか感じていたけど、
いったいどこから湧いて出てきたのかという以上にすごい人、人、人、人。
お客さんも踊り手さんも鳴り物さんもぐちゃぐちゃで入り乱れ、
ぞろぞろ移動する様は「超祭り」な雰囲気。すばらしい祭りだと思います。

L9998432.jpg

L9998441.jpg

L9998442.jpg

L9998445.jpg
桟敷の外では待ち時間に輪踊りをする有名連もちらほら。
自分たちもうろうろ移動するけど、それぞれ連も移動している。

L9998455.jpg

L9998458.jpg

L9998460.jpg

L9998462.jpg
なぜかどこへ行っても同じ連ばかりにすれ違う、出くわすと言う謎。
見ない連は全くと言って見ないのに。。結局、お目当ての連はひと目も見なかったり。
だから、来年も行こうかなぁと思わされるのかな。一度で全部見ちゃったらね。

L9998465.jpg

徳島阿波おどり 8月12日 その他の出来事

振興協会の駅前流しが阿波おどり会館で終了し、
13時から徳島文化会館で選抜阿波おどり大会までの時間まで、
少し時間があったので少しぶらぶら。

駅前へ戻る途中、また音が聞こえて来ます。
商店街を流すほんま連さんに遭遇。少しくっついて行ってみました。

L9997793.jpg

L9997795.jpg

L9997796.jpg
既に、にわか連状態でお客さんと一緒に流れて行っていました。

L9997798.jpg

L9997803.jpg
わぉいい風景と思い写真を撮ろうとすると「わしの息子ちゃうからな(笑)」と(笑)

L9997805.jpg
駅前流しに出ていた人たちかなぁ? 浴衣来た人たちがそこかしこに。

L9997806.jpg
そごう百貨店前。もうあちこちで阿波おどり。どこにいっても阿波おどり。

L9997810.jpg
東京阿波おどり関係の人とばったり出会い一緒にぶらぶらした時間を過ごします。
映画「眉山」でも軒先だけ少し出てきたそば屋「橋本」を見に行く。
印象的だったんですよね、このお店。下調べしてまでしていました(笑) 食してはないのですが。。

その近所には阿波おどりテクニカルファクトリーがあるということで少し冷やかしに。

L9997821.jpg
その後その知り合いはあわぎんホールの方が先だったのでとりあえずその方面へ行く。
道中、阿波銀行行内からよしこのが聞こえてきて、ふらふら音の聞こえる方向へ。。。

L9997828.jpg
なんと水玉連が行内で演舞をしていて、行員さんに聞くと見物していいということで、
涼しいクーラーの中でしばし観覧。なんとも不思議な感じでした~

徳島阿波おどり 南内町演舞場 8月12日 総踊り!(4)

すでに時間は22:40。

このような状態でもちゃんとやってくれるのがやはりいいところですね!
これを見ずしては終われないですよねぇ~
楽しみにしていた総踊りは、13連の高張提灯が入場。
L9998335.jpg

L9998339.jpg


続いて音が鳴り始め鳴り物が入場。
L9998340.jpg

L9998350.jpg

L9998356.jpg

L9998359.jpg
三味線、笛、鉦、〆太鼓、大太鼓とぞくぞく入ってきます。
およそ60丁以上あったと思われる大太鼓の音は地響きの様に桟敷を揺らし、
桟敷内の阿波おどり橋を越え、桟敷中央あたりで鳴り物陣は
両脇二手に分かれその間を踊り手が踊り込んでいきます。

L9998364.jpg

L9998376.jpg

L9998384.jpg

L9998389.jpg

L9998398.jpg

L9998402.jpg
女踊りからちびっこ、法被、男踊りとその様は圧巻でした。

長い長い一日はこれにて終了~~のはずが、またまたこの後飲みに行き、
結局、布団に入ったのは4時前。。。あぁ眠い~~

中村橋阿波おどり 9月5日(2)

L9998937.jpg

L9999079.jpg

L9999113.jpg

L9999115.jpg


新粋連さんはこの大会初出演だそうです。
L9998964.jpg

L9998969.jpg

L9999180.jpg

ステージ演舞が始まる前、初出場の旨と今年のはなはるフェスタで県外部門での
華々しい成績が紹介されていました。オリジナリティもありやはりとてもお上手。
L9999202.jpg

L9999224.jpg

L9999329.jpg

L9999335.jpg

最後は商店街内で各連の構成演舞~皆さんご一緒へなだれ込みます。
さらに最後の最後はステージ上でお客さんの合同乱舞に。
ライブハウスの様に盛り上がっておりました。
あ、もちろん下手な踊りを披露してしまいました(涙)

徳島阿波おどり 南内町演舞場 8月12日(3)

どんどんいきます。
企業連のサポートで貼付けに載っていない有名連がどんどん踊り込んで来ます。

L9998210.jpg

L9998211.jpg

L9998224.jpg

L9998227.jpg

L9998233.jpg

L9998237.jpg

L9998257.jpg

L9998272.jpg

L9998280.jpg

L9998285.jpg

L9998286.jpg

L9998290.jpg

桟敷で見ているとただ座っているだけで次々に目の前を踊り連が流れて行き、
あっという間に時間が経ってしまいます。楽なんだけど何か勿体ない。
初めての徳島市の阿波おどり、ちらちら見える街中のぞめきにも気を取られつつ、
次の日13日は街中を練り歩く事にしてあるので、この日は我慢して(笑)桟敷でかぶりつき。

L9998230.jpg

L9998293.jpg

L9998300.jpg

L9998302.jpg

L9998304.jpg

L9998305.jpg

L9998313.jpg

L9998316.jpg

L9998317.jpg

L9998324.jpg

L9998327.jpg

L9998330.jpg

この日、第一部の時間は押せ押せで30分ほど遅れて進んでいました。

中村橋阿波おどり 9月5日(1)

徳島レポートがなかなか進まないうちに関東ではどんどん阿波おどりが行われていますので
間に挟み挟み入れて行きます!

8月末に高円寺阿波おどりが終わり、すっかり秋阿波の季節がやって来ました。
高円寺の翌週となる9月5日に中村橋で行われた阿波おどり大会へ行って来ました。
去年も来ましたが狭い近いでまぁまぁ賑やか。
ここでもやはりいつもお会いする方々にお会いします。

L9998914.jpg
過ぎ行く夏を惜しみつつビール片手に焼き鳥と両手を使いながら、
少し涼しくなった17時から商店街流しが始まりました。

L9998919.jpg

L9998932.jpg

L9998980.jpg

L9998986.jpg

L9998991.jpg

L9999006.jpg
うぉっっと、、この踊り手さんを見た子供が泣き出していましたが(笑)良い味だしてました。

L9999013.jpg

L9999016.jpg
寳船さんは超ノリノリでひたすら激しく、他の連とは一線を画す阿波おどり。

L9999022.jpg

L9999026.jpg

L9999041.jpg

L9999047.jpg

駅前にはステージがセットされていて、各連の舞台演舞が楽しめます。
お気に入りの連の時間を見計らいつつ駅前へ移動します。

徳島阿波おどり 南内町演舞場 8月12日(2)

なかなか進まないお盆レポート(笑)まだ開幕の日、12日をうろうろしています。
L9998127.jpg

L9998130.jpg

L9998133.jpg

L9998137.jpg
えーっと。。誰でしたっけ? 有名人の人です。

L9998150.jpg

L9998151.jpg

L9998155.jpg

L9998165.jpg

L9998167.jpg

L9998182.jpg

L9998189.jpg

L9998204.jpg

次々と企業連と合同で有名連が入って来ます。

徳島阿波おどり 南内町演舞場 8月12日(1)

およそ一ヶ月遅れでレポートが続いています(汗)

12日、朝から佐苗会の三味線盆流し、振興協会の駅前流しを終え、
午後からは文化会館へ移動して、いよいよ選抜阿波おどり大会。
この日は、文化会館で6連+あわぎんホールで6連の12連を見た。

終ってホールを出た頃、ようやく夕方な雰囲気に。南内町演舞場までぶらぶら。
心配していた雨はどこへやら、まだまだ暑い中ビールを買い込み桟敷の指定席に。
桟敷での指定席の良いところは席を立ってもまだ同じところに戻ってこれる。
ここでも最前列の席が取れたので写真を撮るには好都合。
L9998035.jpg

L9998041.jpg

L9998062.jpg

L9998065.jpg

L9998068.jpg

L9998070.jpg

L9998077.jpg

L9998081.jpg

L9998093.jpg

L9998111.jpg

L9998118.jpg

L9998123.jpg

有料桟敷で聞いていたのが、企業連や特に学生連が多くて云々。。
しかしながら、企業連にはほぼ有名連がサポートについており、
踊り、鳴り物ともにとても綺麗で鳴り物もすごい。
もちろん有名連単独でも桟敷へ入ってくるので、比較的ひっきりなしに有名連を楽しめました。

選抜阿波おどり大会2010 前夜祭 8.11

選抜阿波おどり大会前夜祭は、13時、16時、19時と三回公演の一番最後19時からの公演を見た。

前半・徳島県阿波おどり協会、後半・徳島県阿波おどり振興協会とそれぞれ45分程度。
合わせて2時間程度の公演で各協会それぞれ趣向をこらした演出で見ごたえがありました。

L9997453.jpg

L9997457.jpg

L9997459.jpg

L9997463.jpg

L9997464.jpg

L9997466.jpg

L9997477.jpg

L9997481.jpg

L9997484.jpg

L9997488.jpg

L9997489.jpg

L9997503.jpg
ここで、うだうだ評論は無用でしょう。
でも初めての前夜祭。やっぱり楽しみにしてたし、やっぱり楽しかった。
県協はバラエティにとんだ構成で阿波おどりに初めて接する人にはくるくる演出が変わり、
みてて楽しいと思う。振興協会は玄人な演出。王道で踊りも鳴り物もとても安心感がある。
各有名連の見せ場のパートはダイジェストで見せるのは勿体ない。
というか、普段見れない各連の踊り子が入り交じった上での構成もみてみたいなぁ~な~んて

途中で写真を撮っているのがバカらしくなって、、
ライカのレンズで到底届かないし。。。これは眼で見ておかないと。。損だな。。
と、なり後半の振興協会の方はもう見るに徹しました。

そのかわりビデオを回していたので今はそれを肴に晩酌と幸せな時間を送っております。

基本的に流しとか街中の踊りが好きですね。
チンと座って舞台を見るのはなんか。。。阿波おどりっぽくない。
やっぱりビール片手に。でしょう!

選抜阿波おどり大会2010 前夜祭 8.11。。の前。

L9997425.jpg
ちょっと前後して8月11日。阿波おどりの前夜祭が行われた日。
11日。12日の本番開幕前夜、アスティ徳島にて選抜阿波おどり大会前夜祭

初めての徳島市。ちょっとぶらぶら。
L9997427.jpg

L9997434.jpg

L9997433.jpg
至る所に阿波おどり。

L9997429.jpg
時間までの間、すこし徳島市内をぶらぶら。普段阿波おどりビデオとか、
映画「眉山」などで見ていた風景が広がり、すでに知っていた感じが(笑)
阿波おどりグッズ屋さんの岡忠へ行ってみたり、阿波おどりファクトリーへ行ってみたり。

L9997432.jpg

L9997435.jpg

L9997437.jpg

L9997439.jpg
明日開幕する本番を待つ、巨大な桟敷もあちこちに完成していた。
おなじみの赤と黄の提灯がそこらじゅうに張り巡らされていていたり。。。

L9997441.jpg
新町川では屋形船上で、すでにぞめいている。

アスティ徳島へ。
L9997447.jpg

L9997445.jpg
L9997446.jpg
ここでもやっぱり。。トイレのサイン。場所によって違ったポーズに。。

。。と中身はすっ飛んで夜の話。
L9997431.jpg
夜ごはんは映画「眉山」で「甚平」の舞台になった炉端焼き「どん」へ。
あのお龍さんが死んだら娘に渡してねという箱を娘に渡すシーンで出て来たところ。
きっちり当時の写真は飾ってありました。
そんで気さくな大将にすだち酎の飲み方を教授される(笑)

この夜は雨。次の日の本番がとても心配になりました。。
初徳島市内の阿波おどり初日がもしかして雨ぇ?!?!?
なんて超ブルーになりつつも、結果は前記事の様に、
がんがん日差しが照りつける天気良すぎな快晴でした。

この日は2件目へ行き3:00まで飲んでいたのでした。ぐたぁ…
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。