S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12« 2012/01 »02

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港~中国~香港:香港朝(3)2011.11.13-15

香港、朝。

L1002611.jpg
昨晩見えなかったモノが見えて来ます。
昨晩、飲みすぎた為か熱いスープの、鶏ガラの透き通ったスープにワンタンが入った様なモノが
とても食べたい。徘徊してそのようなお店を探します。
その写真は撮り忘れてないのですが、イメージ100%のお店を発見。
安くて美味しい! ほっこりしてまたかるくビールが。。進む(笑)

L1002612.jpg

L1002613.jpg
日本で見られない竹を使用した工事の足場。
うん、ジャッキーだ。
撓りがあって踏ん張りそうですねぇ

L1002617.jpg

L1002618.jpg

L1002620.jpg
でこぼこしているビル、工事中(修復中?)のビルが多いです。

L1002621.jpg

L1002622.jpg
名物の看板だらけの通り。すれすれにハトバスが通るというのもあるらしいですが、
こういうのは夜の方がいいんでしょうね~

L1002623.jpg

L1002624.jpg

L1002625.jpg

L1002651.jpg
昔っぽさも残りつつ近代化されている香港は居心地もよく
ご飯もおいしくなかなか楽しかったです。

飛行機に飛び乗り羽田着で帰路につくのでした。
スポンサーサイト

香港~中国~香港:香港夜(2)2011.11.13-15

中国へは過去何回か足を踏み入れていますが、意外と嫌いな国ではありません。
場所によっては少林寺な感じだったり(笑)

で、香港へ戻って来ました。
香港といえば、ジャッキーチェーンです。ユンピョウにサモハンキンポー。
飲茶、麻雀、看板。かなり偏ったイメージですがそんなでしたが。。

夜なので街のディティールが上手く掴めません。
何処に行ってもあることなのですが初めての土地では少しウロウロして
その土地の風が肌に馴染むのを待ちます。

L1002564.jpg

L1002568.jpg
一番の繁華街はヨーロッパな感じです。

L1002583.jpg

しかしながら少し下町の感じへ案内してもらうと。。。
L1002572.jpg

L1002576.jpg

L1002578.jpg
きたきたーっ なんかジャッキー臭が漂って来たー(笑)

L1002590.jpg

L1002593.jpg

L1002594.jpg
もう時間が遅かったためせっかくのマーケットは店じまいです。

L1002597.jpg

L1002600.jpg

香港での食事は文句無しに美味しいです。
晩ご飯を食べたお店の店主が流暢な日本語で話しかけて来ます。
少しお酒が入って上機嫌な店主です。その昔、仕事で中国へ行っていた様です。

自分も仕事上たまにそのチャイナクオリティーに驚かされていますが、
その店主を持ってしても、その仕事ぶりは「ムチャクチャ」と言って退けます(笑)

L1002602.jpg

香港と中国は「多少」人も文化も習慣も違う。っぽいんだろうなぁと思ってはいましたが、
さほど変わらないんじゃないの?などと思っていましたが、香港の人にとっても、
中国人感はそんな感じなんだぁ~と(笑)電車で一時間もしないすぐそこなのに。

とはいえ世界中の工場が集まる中国。
あのキレイなアップル製品も中国で作られている事実はあります。

香港~中国~香港:中国(1)2011.11.13-15

去年の写真の残りで、中国と香港に行った時の写真です。
2泊3日の旅程で
1日目:成田→香港に着いて、さらに一時間ちょいの電車移動で
ボーダーを越え中国は深圳方面に常平という所で宿泊。
L1002534.jpg

常平。
L1002538.jpg

L1002542.jpg

L1002544.jpg

2日目:常平。仕事を終え、夕方から香港へ戻ります。

戻りの電車待ち。
L1002547.jpg

隣のプラットホームには例の中国製新幹線が駆け抜けていきます。
L1002549.jpg

L1002551.jpg

L1002554.jpg
お国柄の割には切符のチェックと座席へのご案内は、意外とちゃんとしたサービスです。

しかしながら子供2人、お母ちゃん、お父ちゃんという中国人家族と隣り合う。
そのお父ちゃんはiPhoneらしき機器で何か撃ち合う様なゲームを始めます。しかもバカでかい音で。。
割に静かな車内にバキューン・ドキューンとずーっとわりかし長い時間。。お国柄でしょうか(笑)

電車での帰りの道中ちょくちょく新幹線とすれ違います。ふと、
あの新幹線が危なくて、乗っているこの電車が安全などと言う保証はまったくありません(笑)

次回は初の香港滞在です。

今年一発目の阿波おどり@ラクーア 2012.1.14

もう先週になりますが。。。毎年恒例の新春阿波おどり。ラクーアでの演舞を見て来ました。
今年は色々バタバタで時間が取れず、外の吹鼓連+ひょっとこ連+藍吹雪の、
しかも、1回だけ。。。見て来ました。

L1002751.jpg

L1002752.jpg

L1002753.jpg

L1002756.jpg

L1002758.jpg

L1002759.jpg

L1002769.jpg

毎年恒例ながら、やはりこれを見に行って今年の阿波エンジンがかかるという感じですね~
時間があればドームの中にも入って踊り見て、
美味しいモノ食べて、ビール飲んでってしたかったのですが(笑)残念です(涙)

レスポール・ピックアップリプレイス。Seymour Duncan Antiquity。

前々から欲しかったセイモアダンカンのアンティクイティのハムバッカー。
レスポールにぜひ載せてみたいという気持ちがありながらなかなか手を出せずにいましたが、
「枯れ」がマイブームに乗じて、今さらながらこの度、載せ変えてみました。

DSC01469.jpg
メーカーコメント。
1955年にセスラバーが開発した、通称"Patent Applied For"を基に直流抵抗値、
その他全てのキャラクターを受け継ぎました。
プレイヤー達に40年以上も使い古されたピックアップを容易に供給したいとのアイディアから、
ピックアップカバー、エスカッション、スクリューに至るまで、徹底して経年変化の再現にこだわりました。
オリジナルのサウンドにこだわり、あえて含浸処理はを施しておらず、
ヴィンテージサウンドそのものを醸し出す事に成功したと自負しております。

DSC01470.jpg

DSC01471.jpg

DSC01472.jpg
パッケージデザイン好きな自分としてはかなりポイントの高いパッケージング
いっこいっこ布袋に入っていると言う。。。
ピックアップカバーはエイジングされてるので、くすんだテールピース、ブリッジにもマッチしそう。

DSC01473.jpg
嘘かホントかダンカンさんのサイン入り。

DSC01474.jpg
配線図もいつもとは違う様相。

R0011989.jpg
2009年のエントリー時には、
フロント:Seymour Duncan APH-1n Alnico II Pro
リア:Seymour Duncan SH-1b '59 Model Humbucker
のノンカバードでしたが。。。

DSC01475.jpg
この度再びカバードにもどし、ヴィンテージ感が戻って来ました。

ファーストインプレッションは、基本ピックアップを低めにセッティングするため、
非力なPUにさらにすこし控えめな出音の枯れたセッティング。
印象的にはリアがいい感じで、単音の中にも情報量が多いといいますか、
じょんじょろり~んという、間が持つジョリジョリ感。
乾いている感じで抜けが良い。フロントはヘタり感のある甘いじょんじょろりん。
太さの中にも抜けた音がありそう。。。ということで、まだこれからなんですけどね(笑)
またしばらくこのPUで楽しもうかなぁという感じです~

Paris(4) 2011

ようやくヨーロッパ写真は最後です~

L1002318.jpg

L1002327.jpg

L1002337.jpg

L1002343.jpg



L1002325.jpg
Merci!

Paris(3) 2011

バッグを物色中。Diorのウィンドウディスプレイはステキな。
L1002286.jpg

L1002287.jpg

ルイヴィトンは大盛況。
L1002294.jpg

L1002296.jpg

L1002299.jpg
セ、センサーにゴミが。。

L1002310.jpg

Paris(2) 2011

この日は完全OFF。観光客の様にあちこちウロウロ。

L1002245.jpg
ザ・ヨーロッパ。って感じですね。

L1002252.jpg
ギャラリー・ラファイエット。百貨店の屋上からの眺めが良いということで。うーん、確かに。

L1002260.jpg

L1002268.jpg

L1002279.jpg
そういえばセーヌ川は歩いて渡らなかったなぁ
川すら見てない。。

L1002281.jpg
ウロウロ。。相方のお土産のバッグを探してみる。こういうとき円高だといいですねぇ

Paris(1) 2011

パリの朝。気持ちのいい朝でした。

海外出張時はなかなか散歩の時間が取れない事もあり、いつも早起きして街中をお散歩します。

L1002222.jpg

L1002227.jpg
パリの街はキレイという印象は無く、どちらかと言えば汚い目というイメージ。
しかも歩きタバコも出来ると言う喫煙者にはラクな街ですねぇ

ぷかぷかタバコをフカしながらカメラ片手に徘徊します。
L1002232.jpg

L1002236.jpg

L1002239.jpg

L1002240.jpg
ヨーロッパはバスの代わりに飛行機というくらい飛行機飛びまくりですね。

Malme to Copenhagen(2) 2011

コペンハーゲン街一の目抜き通り。ヨーロッパな感じですね(ざっくり)

L1002150.jpg

L1002154.jpg

お、カメラ屋さん。ちょっと覗いて価格をチェックしてしまうのは悲しい性。。
因に円高と言ってもあまり銀座と値段は変わらなかったです。あ、ライカ関係ですけどね(笑)
L1002153.jpg

MOE系??
L1002161_20120107112227.jpg

初めての北欧、コペンハーゲンと言えば、何白くて、パステル調で、洗練されたカタチで、
キレイで、人も親切で、ちっちゃくてカワイイ~~~と言うイメージだったのですが。。。。。

意外と街はホコリっぽく、古びた街。
若干の共産圏臭と言いますか、いや、共産圏臭が嫌いという訳ではなく
むしろあの飾らない感じはとてもフォトジェニックでスキなのですがね。
コペンハーゲンという脳内イメージとの乖離が。。あれれれ??っていう感じで。。。

L1002170.jpg

しかもアンティーク通りをうろうろしてたら。。。
L1002183.jpg
変なブラジル人に絡まれちゃったじゃんか~~~~

これです、コペンハーゲンのイメージと言ったら!
この可愛らしいカラフルなおもちゃ見たな街並が連なって。。。。
L1002206.jpg

L1002210.jpg
って、ホントここの一角だけでした。。



たった半日でしたが、例のお猿さんのおもちゃをお土産になかなか充実した徘徊でした。
で、いよいよパリはフランスへ移動です!

Malme to Copenhagen(1) 2011

マルメからコペンハーゲン空港へ。半日時間があるのでコペンハーゲンの街を徘徊する。
空港でスーツケースを預けて身軽になった。電車でコペンハーゲンに行けるらしいので、
2,30分ほどで着きました。

L1002138.jpg

到着。
L1002140.jpg

L1002142.jpg

お、駅前にチボリ公園(!) と、この時、倉敷のチボリ公園は閉園。。を思い出した。
L1002143.jpg

L1002145.jpg

さすが北欧、自転車レーンもちゃんと整備。
去年秋に話題になった日本の自転車ルールはヤバいでしょ。これくらいチャントやんないと。
L1002147.jpg

Copenhagen to Malme(2) 2011

ベルリンからコペンハーゲン空港に着く。

コペンハーゲン空港はそのモダンさと洗練された建築が有名らしい。
たしかにお洒落な雰囲気。アナウンスもない。「お洒落」とはやせ我慢ですね。
L1002092.jpg

デンマークに来た~という気分も味わう前にすぐさまスウェーデンへ移動。
タクシーで確かスウェーデンはマルメという街のホテルまで小一時間。
近いのにお金が違う。デニッシュクローネとスウェッディッシュクローネ。
めんどくせーーーーっ ベルリンはユーロだったので円も入れて4種類の通貨は
さすがに財布に分けて入れれない。。ズボンの左右のポケットも利用する。
あぁ実感湧いて来た(笑)

マルメの街へ到着。はっきり言って仕事が無ければまず来ない街であるので、
いわゆる有名都市の様な先入イメージが全くない。
「古くから交易の要衝として栄えた街。
オアスン海峡に面して位置する人口27万を超える南スウェーデン最大の街で、
古くから交易や防衛の重要な拠点として発展。」
ということです。
L1002102.jpg

L1002104.jpg

L1002107.jpg

L1002111.jpg

L1002113.jpg

L1002121.jpg

やはり北欧スウェーデン。街がキレイ。カワイイ。行儀がいい。自転車族が多い。
福祉充実とか、なんか街から伝わって来ます。

Copenhagen to Malme(1) 2011

ベルリンの空港からバスみたいな小さい飛行機でコペンハーゲン空港へ。

空港大好き。という人は多いかと思いますが、やっぱりスキです。
L1002070.jpg

L1002072.jpg

L1002073.jpg

L1002074.jpg

L1002083.jpg

これがスウェーデン←→デンマークを繋ぐボーダーがある橋。
島国二本に住んでいると地続きの移動で国境を越えるというのはなかなか実感が湧かない。
ボーダーとは空港のイミグレで超えるモンと勝手に思い込んでいる節はあります。
L1002086.jpg

Belrin Photos(2) 2011

ベルリンの続き。少し東側だった街を行きました。

壁際の東側。
L1002015.jpg

少し東欧チックというか、ロシアンな(?)感じ? 意識し過ぎ?
L1002043.jpg

L1002044.jpg

L1002051.jpg

L1002061.jpg

L1002063.jpg

いや、やはり共産圏にはTV塔があるのだっ
L1002066.jpg




さてベルリンを後にし、スウェーデンへ。
スウェーデンのマルメという街が次の目的地なのだけど、空港はコペンハーゲンが近い。
コペンハーゲンはデンマーク。なんて事を出張直前まで知らなかったり(汗)
ずっとなんとなくスウェーデンの街と思っててた。。。
どうもスウェーデンのガイドブック探してもコペンハーゲンが見つからないはず(笑)

Belrin Photos(1) 2011

去年の秋に行ったヨーロッパ出張の合間に精力的にぱしゃぱしゃ。
9日間で4カ国というなかなか移動の多い旅程でしたがいろんなところを見れて良かったかなぁ~

L1001907.jpg
ベルリンまでは、確かフランクフルトでトランジット。
ベルリンに着くまで13時間くらいかかったかなぁ 長い飛行機は嫌い

L1001943.jpg

L1001948.jpg

同行者の現地の友達と言う人に連れてってもらったダンスができるイタリアンレストラン。
L1001958.jpg

L1001971.jpg

ベルリンと言えば「壁」。ここはむかーしから行ってみたかったところです。
歴史の迫力と資料館で当時の写真を見て、国が半分に分断されていたという事実にますます実感。
あっちとこっち、西と東で今なお街の雰囲気が違う。東はやはり共産圏臭が漂っています。
L1001990.jpg

L1002008.jpg

L1002022.jpg

ピカサのスライドショウなるものを埋め込んでみました。

あけましておめでとうございます 2012@川崎大師

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今年の初詣は川崎大師へ行ってまいりました。
名前は知っていてもなかなか行く機会が無くようやくという感じでしょうか。

L1002690.jpg

L1002694.jpg

L1002701.jpg

L1002705.jpg
少し出遅れてしまい、新年は並んでいる最中に年越しをしてしまいました。

L1002710.jpg

L1002712.jpg
ようやく境内に入れたのは小一時間ほど経ってからでしょうか。

L1002716.jpg
煙を頭に浴びて、頭が良くなりますよーに ちがうか(笑)

L1002720.jpg

L1002721.jpg

L1002728.jpg
にしても、噂に聞いていたけどやはりヒトヒトヒトヒト。

L1002731.jpg

20120101photo.jpg
噂では川崎大師のおみくじは凶が多いという(?)なかで何と今年は大吉!
今年も良い年であります様に

それでは本年もよろしくお願いします~
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。