S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
02« 2013/03 »04

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

85年。東急東横線 渋谷駅。

印象的な駅舎。

少し古くさいけど、十何年前に大阪から東京へ出てきてからいつもそばにあった駅。
ここ7年くらいは毎日この建物を見ながら朝夕の通勤やお出かけしたり、
ここ最近は毎日利用する駅だったりしたのですが。。。

3月15日の最終電車を持って85年間の歴史に幕を下ろしたのでした。残念。

L1000123.jpg
1週間前の3月8日。まだなんか余裕を感じます。


3月15日。
L1000134.jpg
テツならぬとも、
この日ばかりは在りし日を記憶にとどめたいという人たちで大盛況な盛り上がりと、、

L1000129.jpg
それでも通常に安全に営業をしなければいけない駅員さんとの、、

L1000135.jpg
攻防戦が行われておりました。

L1000132_20130316101338.jpg

L1000130.jpg
降車ホームでは立ち止まるな、フラッシュ炊くな、、、など、、、
かまわず撮っていますが、、この写真も。。ごめんなさい。

L1000131.jpg
その駅舎に対して、一般の利用客よりも、
おそらく何かこみ上げて来るであろうその気持ちを抑えながら、
黙々とその業務をされている姿は、なかなかストイックな。。ニッポンジン。

L1000137.jpg
大混乱です。

L1000144.jpg

L1000151.jpg

L1000153.jpg
外からもいきます。この上もなかなかの人だかり。
TV局もいます。インタビューも行われています。

L1000162.jpg
歩道橋から見る渋谷駅は、、、

L1000164.jpg
いままで何度も何度も撮った風景。
カメラを持ってここを通るとき、思わず撮ってしまう。何か感じます。

L1000155.jpg
何か懐かしい、子供の頃を思い出してしまうんですねぇ
昭和な、なんか古くさいデパートみたいな感じというか。
実際古いのですが。。なんというか、、、

L1000160.jpg
未来感。かなぁ

本日16日からは東横線渋谷駅はHIKARIEの地下5Fになるようです。
副都心線の渋谷駅ですね。ダイヤが気になる。

そんで、いま気になるのは代官山を出てどこから地下へ潜るのかな?
もしかするとうちの家の地下近くを通っているかもしれませんねぇ(笑)

そう言えば渋谷駅と代官山駅の間にその昔、明治通り並木橋交差点付近に、
並木橋駅というのがあったそうで、今もかすかにその姿が残ります。
(過去記事http://moderns.blog82.fc2.com/blog-entry-354.html

おそらくこの位置では電車は既に地下に入っているでしょうし、
もうずーーーっと工事中的な感じなので、お取り壊しなのかな〜

L1000154_20130316101452.jpg
この駅舎が無くなるのはちょっぴり寂しくなりますが、HIKARIEも出来て、
東急百貨店も建て替えですし、さらに渋谷駅周辺の変化は加速するんでしょうねぇ〜

ま、その頃には、もうさすがに渋谷にはいないと思いますが(笑)
スポンサーサイト

DTMならぬDAW。Software編。

とてもえらくご無沙汰してしまった、当ブログ。。。
今年もがんばります(笑)

年末あたりから再びDTM熱が発病。といっても、かれこれ10うん年ぶりで。。
DTMという言葉からDAWという様な呼び方が主流になっているようで。。
DTM。Desk Top Music。DTPとかDTVとかの流れの中で、DTM。
何やら昨今DTMという言い方はダサいようで(笑)

DAW。Digital Audio Workstation。
DTMとはニュアンスが違うけど、10ウン年前に比べ、ハードウェアベースから、
CPUベースに移行してきているのが、主な理由か。

そんな10ウン年前のPCでは、ソフトシンセが出始めで、オーディオデータを扱いながら、
ヘヴィなプラグインでCUPメーターがすぐに振り切ってしまうような時代から、
何10トラックも扱い、プラグインを差しまくり、その上、音源もソフトシンセでtp、
PC内でほぼ完結してしまう今のPCの性能であれば、そう言う事になるのでしょうか。

その昔、Mackieの8バス・24CHのミキサーなんてアパートに似合わない、
モンスターミキサーを導入し、ラックマウント音源モジュールとアウトボードを積み上げ、
ソフトウェアはCubaseVSTのバージョン5くらいでPCの役目は、
MIDI機器の制御+オーディオデータを少しと、
別PCを立ち上げミックスダウンしていたという感じで、とても大事。。

出来上がる音と言えば、冴えないトラックでさっぱり自分にはこの手の才能は無いと、
きっぱり足を洗ったはずなのに(笑)。。。

AL.jpg
昔無かったDAWで、Ableton Live8を導入。今回は前みたいに大風呂敷を広げず、
必要最低限・必要最小のセットアップを目指し、
けれども機能的で、CPUベースを主軸にシステム全体の70%ほどをMacに委ねる、
という出来るだけこじんまりとした、セットアップを目指し、
冴えるトラックを作るなんて事を再燃させたのでございます。

と言っている間に、間もなくリリースされるLive9。Live9への無料アップデート付きで、
とても楽しみなSoftware。今まで使っていたDAWに比べると、少し趣が違う。
Pro ToolsやCuBase、Logicなどの往年のDAWの思想とは違うアプローチのDAW。
基本、1画面構成で純正プラグインにおいては組み込みタイプ、社外プラグインも、
主要なパラメーターは組み込まれ、外部MIDIコンにてぐりぐりツマミをグリグリと。
現バージョンLive8は、ちょこちょこイジリ始めて何が出来るかなど把握しつつ、
次バージョンLive9に期待を馳せるのであります。


なかなか、期待させる。これで冴えないトラックから冴えるモノへと変われる。。。
のかは、さておき、進化したこの世界に再び足を踏み入れたのでした。

年末前にiMacも壊れ、新マックを導入した事もあり、
ブログにて、物欲的に機材を、精力的にトラックとか、、、
また、ちょこちょこセットアップの紹介をしていく所存でございます。
(本当にトラックなんて上げるのか。。。。冴えれるのか否か。。)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。