FC2ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08« 2019/09 »10

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

Summicron 5cm

R0010487.jpg

50mmのレンズはLeicaを使う上では外せない画角。
Leitzレンズで50mmは沢山ある。エルマーはじめ、ズマール、ズミタール、
ズマリット、ズミクロン、ズミルックス、ノクチルックス。
おそらくベーシックはSummicronとElmarだと思う。
薄くもりのSummitarも持ってるけど、写りには遜色無い。

Summicronは接写(近接の方が正しいか)も出来るDualRangeの物にした。
重たくきれいな梨地のシルバークロームと、フォーカシングリングの山側に
ギザが付いている初期型がかっこいい。クラシカルな雰囲気を残しながらも、
エレガント。これにITDOOとか12571Jのラッパ型フードを付ける。
メガネを装着するとなんかボトムズの様な佇まい。パララックスはあるけど
ちゃんと近接が撮れるのがすごいです。
35mmレンズを使っていると50mmはやはり若干長めに感じる画角。
レンジファインダーカメラを使い始めた時は50mmだと思っていたけど、
50mmを使っていくうちに少し長いかなって思い始めるようになった。
(基本なんだけどなぁ。。)
自分的には下町散歩していて、「あっ」と気づいたときには少し後ろに
下がらなくてはならない画角。撮影しながらの散歩は後ろに下がりたくない気分。
後ろに下がっていては撮れないシーンもある。
35mmはちょうどよい。

で、50mmの基本は足を使えということなんだなぁと。
よくいう50歳になれば50mmの真意がわかるのかな?
スポンサーサイト



浅草界隈(2) | HOME | 90mmの画角@新橋

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |