S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOKTON 50mm F1.1 へぇ~ え?! い、い、いってん いちぃ?!?!

nokton_01l_2.jpg
ま、またコシナフォクトレンダーがすごい事やってしまいました。。。
ベッサ10周年記念と称して、NOKTON 50mm F1.1を発表した様です。
あのノクチルックスをF0.1下回る(もちろんライカに敬意を表してだとおもいますが:笑)
スペックで価格はノクチルックス(1,113,000円:死)の1/10(!)の12,5万円。
素晴らしくも余裕を感じます。
以下メーカーレビュー
クラシックレンズの味わいを、最新の技術で蘇らせる。BESSAシリーズ10周年を記念して、コシナ創業50年の集大成として設計された超ハイスピードレンズ。

●驚愕の大口径
開放F値1.1という大口径は、光量の極端に少ない条件でも「あるがままの光」だけで
撮影することが可能です。また、絞り開放時の浅い被写界深度と美しいボケ味を
活かしたポートレイト撮影にも最適なレンズです。

●究極のレンズ設計
超高屈折ガラスを惜しみなく投入することで描写性能を追求。周辺光量も開放絞りから
充分に確保。F1.1という大口径でありながらフィルター径φ58、
重量428g(フード含まず)のコンパクト化も実現しています。

●多彩な表現力
絞り開放では素直でなだらかなボケがピントを合わせたモチーフを際立たせると共に
立体感を生み出します。絞り込めば更にシャープな描写となり、1本のレンズで
多彩な写真表現を導きだすことが可能です。

かつてノクトンF1.5版を持っていましたが良いぼけしてました。
50mmのハイスピードレンズがほしいなぁとは思っていましたが、
ズミクロン(F2.0)は持っていますが、さらに上となると、
選択肢がいかんせんズミルックス(F1.4)しかない(ノクチは論外)ので、
ノクトンでしかもMマウントしかもノクチに肉薄するF1.1となれば、
かなり選択肢にはいる。。。可能性はありますね~
35mmF1.2はデカ過ぎという事実もあり、この50mmはコンパクトということで、
ちょっと楽しみなレンズです。実売もいい感じの値段になりそうやし~

しかも!!!!!!!!!!!!!
mft.jpg
こんなものがでてるじゃあないすか。。。
またこんなマニアックな物出しやがって。。ちくしょう、もうR-D1s売ったろか。。
ルミックルG1。。。いや、もっと小さいマイクロフォーサーズボディが出るはずだ。
俄然楽しみになってきましたM・Lマウントレンズ。やはりレンズだけは良い物を
選んでおくべきだなと。レンズは財産です。
スポンサーサイト
THE ROLLING STONES 1973(2)やはり Mick taylor | HOME | THE ROLLING STONES 1973

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。