FC2ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08« 2019/09 »10

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

CarlZeiss Biogon 2.8/28 ZM と レンズ雑感

R0010513.jpg

去年の夏は大活躍というか、Biogon28mmをよく使った。
なぜかってレンズのデザインなのかもしれない。
使いやすい絞りリングは1/3ステップのクリック感と、
程よい重さのフォーカシングリングと、少し出っ張ったフォーカシングレバー
も時々指に引っかかり素早いフォーカシングが出来る。
レバーを感じさせないのは、そこそこフォーカシングリングに幅があり、
無造作につかみやすい。Biogonはやはり超現代的レンズで、
カラーもモノクロもそつなく使っていてとても安心感がある。
やはりCosinaツナガリなのだろうか、R-D1sとも一番大きなフレームで
使いやすいし、常用で付けっぱなしになってる。

レンズの使いやすさを追求するとレンズの形は多少なりとも、
大きくなるのであるが、いざ使うとなるとやはりそこら辺は大事と感じて来たのが
去年だった。使いやすかったレンズというのは、やはり大振りなレンズ、
もう無いのだけどNOKTON50mmやこのBiogon。とはいえ、
コンパクトなレンズはとても魅力で、今超超超お気に入りのSummicron35mmは
あの二股のフォーカシングレバーがすごく使いやすい。

バッとつかんでフォーカシングするのに昔のライカレンズの「チョボ」は使いにくい。昔の人はほんとにあんな「チョボ」で決定的瞬間を捕らえてたのかなぁって、
疑問に思うのですが。。あんなのつまんでられないよ~
昔大きな男の人があの「チョボ」を2本指でつまんでフォーカスしてる姿を
見たけど、ちょっとセコい(?)感じで。。。

現在「手持ちのレンズを全てLeitzレンズへ置き換え計画」進行中で、
いずれはこのレンズもElmarit28mmに置き換わってしまうかもしれないが、
その前に、NOKTON50mmを手放してしまったので、先に50mmの高速レンズが
欲しいところ。もちろんNoctiluxはムリムリムリなので、その次のSummilux。
を、まぁゆっくりと物色中。
スポンサーサイト



iPod Touch January Upgrade Software 2480円 | HOME | V I S O F L E X の セ カ イ

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |