FC2ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08« 2019/09 »10

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

The Shamisen 新内と新内三味線。

tradition and diversity
The Shamisen: Tradition and Diversity

This is a book about “shamisen”, a traditional Japanese musical instrument.
Presumably having its origin in mainland China, “shamisen” was introduced to Japan
from Okinawa in the mid 16th century.
Today it has a wide variety of roles, from a musical instrument in Kabuki,
a vital ingredient in geisha parties, a social glance in private homes,
and an instrument of folk music.
The book traces the history of and cultural aspects of the “shamisen”
and its instrument types from the traditional to the contemporary.
It also focuses on the social aspects of the “shamisen”,
that is, how the “shamisen” was studied and
played among various gender associations and classes. In addition,
the performance practice of the “shamisen” is described.

Author:Henry Johnson
Publisher:Brill
Year / Total pages:2010 / 145 pages



こんなドキュメンタリー映画もあったんですねぇ~~2008年6月

下北沢南口の短編専門映画館「トリウッド」で6月7日より、
新内節浄瑠璃の人間国宝、鶴賀若狭掾(つるが・わかさのじょう)さんのドキュメンタリー映画
「招魂」が上映されている。同映画は、鶴賀さんのアメリカ公演の様子を中心に描かれる。
鶴賀さんはこれまでにも、舞踊家、新劇の役者、車人形などとのコラボレーションや海外公演などを
積極的に行い、新内節浄瑠璃の普及・啓蒙に努めてきた。ドキュメンタリー映画制作の打診が
あった際も、新内節に興味を持ってもらうきっかけとなればと引き受けたという。

海外公演を始めた当初は受けが悪く、演目の途中で帰って行く客もいたという。試行錯誤を重ね、
せりふの一部を現地の言葉で演じるようにしたところ「自分の声が聞こえないくらい受けた」
(鶴賀さん)。それ以降、英語だけでなくスペイン語やポルトガル語など、海外公演では必ず現地の
言葉で台詞の一部を演じている。来春のワシントン公演では演目全編を英語で演じる予定だ。
新内節浄瑠璃とは浄瑠璃の一つで、三味線の伴奏に合わせて1人の演者がさまざまな声色を使い
複数の人物を演じる。鶴賀若狭掾さんは「浄瑠璃は、元々は大衆芸能。多くの人が楽しむために
あるのだから、そのためなら外国語での公演や、他ジャンルとのコラボレーションもどんどん
やっていく。敷居が高そうと身構えずに、素直に楽しんでほしい」と話している。

下北経済新聞より

トレーラームービーがありました。

あぁ、見たかった。。

やはりグッと来たのが「流し」ですねぇ~

shinnai.jpg
ただ、、オーケストラと演歌っぽいのがどうもあきまへん。。修行がたりないっす。
スポンサーサイト



今年もお世話になりました。今年最後のブログ更新。 | HOME | 12月の散歩。神保町

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |