FC2ブログ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

TAKE*

Author:TAKE*
しょせん初心者のたわごと。
非常に勝手なこと書いていますが、
お気軽に足跡残して下さいね。
物欲には。。物欲を?

counter

にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスポール・ピックアップリプレイス。Seymour Duncan Antiquity。

前々から欲しかったセイモアダンカンのアンティクイティのハムバッカー。
レスポールにぜひ載せてみたいという気持ちがありながらなかなか手を出せずにいましたが、
「枯れ」がマイブームに乗じて、今さらながらこの度、載せ変えてみました。

DSC01469.jpg
メーカーコメント。
1955年にセスラバーが開発した、通称"Patent Applied For"を基に直流抵抗値、
その他全てのキャラクターを受け継ぎました。
プレイヤー達に40年以上も使い古されたピックアップを容易に供給したいとのアイディアから、
ピックアップカバー、エスカッション、スクリューに至るまで、徹底して経年変化の再現にこだわりました。
オリジナルのサウンドにこだわり、あえて含浸処理はを施しておらず、
ヴィンテージサウンドそのものを醸し出す事に成功したと自負しております。

DSC01470.jpg

DSC01471.jpg

DSC01472.jpg
パッケージデザイン好きな自分としてはかなりポイントの高いパッケージング
いっこいっこ布袋に入っていると言う。。。
ピックアップカバーはエイジングされてるので、くすんだテールピース、ブリッジにもマッチしそう。

DSC01473.jpg
嘘かホントかダンカンさんのサイン入り。

DSC01474.jpg
配線図もいつもとは違う様相。

R0011989.jpg
2009年のエントリー時には、
フロント:Seymour Duncan APH-1n Alnico II Pro
リア:Seymour Duncan SH-1b '59 Model Humbucker
のノンカバードでしたが。。。

DSC01475.jpg
この度再びカバードにもどし、ヴィンテージ感が戻って来ました。

ファーストインプレッションは、基本ピックアップを低めにセッティングするため、
非力なPUにさらにすこし控えめな出音の枯れたセッティング。
印象的にはリアがいい感じで、単音の中にも情報量が多いといいますか、
じょんじょろり~んという、間が持つジョリジョリ感。
乾いている感じで抜けが良い。フロントはヘタり感のある甘いじょんじょろりん。
太さの中にも抜けた音がありそう。。。ということで、まだこれからなんですけどね(笑)
またしばらくこのPUで楽しもうかなぁという感じです~
スポンサーサイト
今年一発目の阿波おどり@ラクーア 2012.1.14 | HOME | Paris(4) 2011

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。